商品検索

名前から探す

形から探す

ご利用案内

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
蓮の葉茶の商品名 蓮の葉茶を淹れた写真です。色はお湯につける時間で変わります 蓮の葉茶の説明 自信を持ってお勧めする4つのポイント “安全・安心”の素材に徹底しています 蓮の葉茶原料の写真 5月の蓮根畑の様子です 蓮の葉が大きく育ちました 硬い中心部分をくりぬきます 蓮の葉を細かく裁断の写真 蓮の葉をさらに細かく裁断して行きます 茎の部分を裁断していきます 細かくカットした茎を天日干しします 製品すべてに深く係わる“水”にこだわります 青葉園の美味しい地下水

 脊振山の中腹には母屋・納屋・土蔵・工場があり地下36mと60mから美味しく透明度の高い軟水を汲み上げています。
 生産物の洗浄に使ったり、はと麦の発芽やウコンドリンク用にも使っています。
 60mから汲み上げた水は一般にも開放しています。

水のイメージ 日々研究に努め飲みやすさ美味しさに尽くします

健康茶づくり味へのこだわり

私は1973年に日本茶(緑茶)の専門店を創業しました。
3年後福岡市の西新商店街のお店に、あるおばあちゃんが尋ねてこられました。
そして「自分が作ったどくだみの葉のお茶を孫が飲んでくれない。どうか肌の弱い孫娘が飲んでくれるどくだみの葉のお茶を作ってくれませんか?」と頼まれました。
それからどくだみの葉を使っての試作が続きます。
健康に良いと思われる生薬の素材に目を向け熱中するようになりました。
試行錯誤の末おばあちゃんのどくだみの葉のお茶は完成を見、お孫さんにも喜んでもらえるお茶ができました。
その事がきっかけで私は子どもさんも飲める健康茶の味づくりに現在も力を注ぎ続けています。
おばあちゃんと孫

有機JAS食品認証取得

自社有機JAS認証取得工場での一環生産にこだわります

有機JAS認証取得工場
 大手の会社とは違い私たち小さな会社の製造は、ひとつひとつに手を加えることがより良い商品をお届けする最善の方法だと私たちは考えています。畑から直接納入された生産物は泥が付いていて決して作業のしやすいものではありません。
 辛いことはたくさんありますがお客様に「おいしかった」「お宅の会社の商品を買ってよかった」の言葉を聞きたいために、声を掛け合い、いっそう丁寧な作業を心がけています。

自社、有機JAS認証工場で一貫生産しています 私達がお届けします 健康茶の美味しい飲み方


佐賀県白石町で栽培された蓮の葉を使用しました。
葉の部分を1つ1つ切っていく根気の要る作業です。
三人で切った葉を一人が袋に詰めていきます。
もちろん蓮根畑なので水が張ってあり足元は泥の中・・・
切り取りながら少しづつ進んでいきます
収穫された蓮の葉を鮮度を落とさぬよう、すぐに福岡へ向かいます  
蓮の葉が入荷してすぐに中心にある芯の部分を切り取ります。
杯のように切り取られた中心部は硬さがあり、
この部分を取ることで後の作業がしやすくなります。 その後はたんぽぽの葉茶と同じく裁断機で細長く切っていき、
洗浄→すすぎ→脱水→ボイル→すすぎ→脱水そして乾燥にたどり着きます。
そして最後に火入れしてお茶の完成です
蓮の葉ってこんな味になるの??って雑味のない
すっきりな味わい手だけどほんのり他のお茶と違う味を主張する
美味しいお茶ができました。

品名:品名:蓮根・蓮の葉茶ティーパック
原材料:蓮の葉(茎部も含む)100%(佐賀県産)
内容量:1.8g×20袋
賞味期限:2年間
使用上の注意:直射日光・高温多湿を避けて保存して下さい。
製造販売:(株)エイムわらビーハウス青葉園

国内産蓮の葉茶- 100%ティーバッグ 1.8g×20P